スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACミランの大型補強はどこまで?

先日、スペイン、リーガエスパニョーラのバルセロナに所属するブラジル代表FWロナウ
ジーニョ(28)が、イタリア、セリエAのACミランとの契約について基本合意に至ったことは
周知のとおり。

右足の故障で今季絶望となっているロナウジーニョだが、本来はバルセロナと2010年まで
契約を残している。今回のACミランとの契約は2012年までで、年俸は現在の1000万ユー
ロをやや下回る800万ユーロ(約13億円)。移籍金は2000万ユーロ(約32億円)のようだ。


ここで、真っ先に思い浮かぶのは、やはり起用方法だろう。


ACミランのエースといれば、カカ。絶対不変の選手だ。ミランの象徴的FWのピッポ、さらに
ジラルディーノ。そして最近はなんといっても、18才の新鋭、アレシャンドレ・パト(ブラジル)
だろう。

2008年1月13日、セリエA第18節のナポリ戦でセリエAデビューし、その試合でセリエA初
ゴール! 3月26日にロンドンで行われた国際親善試合、スウェーデン戦にてブラジルA
代表にもデビューし、見事に決勝点となるゴールを決めた。将来の活躍を世界で最も注目
されている18才だ。


つまり
ロナウジーニョをどのポジションでどのように起用するのか?
ひょっとして、ミランでもスタメン落ち?




さらにチーム内でも、シードルフが「背番号10は譲らない。ミランにはほかの選手が必要
だ」と発言、また、カカに次ぐ年収800万ユーロ(約13億円)をガットゥーゾやピルロといった、
ミランの顔とも言える選手からも批判が出ているという。

しかも悪いことに、先週末の選挙で再びイタリアの首相に返り咲いたミランのベルルスコー
ニ会長が、「ロナウジーニョに続いて、大型FWの獲得準備に入っている」とも。
エトー(バルセロナ)やシュフチェンコ、ドログバ(ともにチェルシー)らの名前が挙がって
いるらしい。

ロナウジーニョの来シーズンは、一体どうなっていくのだろう。
まだ28才、ここで埋もれる選手じゃないぞ!

来年の今頃、スポルトで三宅アナが「いやぁ、ロナウジーニョはミランに移籍して完全によ
みがえりましたね、風間さん!」と言っているシーンを期待してるのは、おれだけかなぁ。



テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : サッカー ミラン

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。