スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表、交代選手と息合わず? バーレーン戦

サッカー日本代表が、アウェー、バーレーンで
ワールドカップ南アフリカ大会のアジア最終予選に挑んだ。


結果は3-2で日本代表の勝利。(^ー^)♪


なのだが、試合終了間際。残り5分のところで続けざまに2失点。
後味が悪かったのもたしかだったなぁ。


中村憲剛のミドルシュートが相手DFに当たり、ラッキーな3点目が
入って誰もがホッとしたんじゃないかなぁ。
見てるこっちも勝利は確信してたけど、あの3点目で、
「あー勝ったわ。このまま3-0で勝つし、もう寝てもいいかな」と
思ったもん。

まぁその後、OGなどもあって1点差にまで迫られるわけだけど(^^;


で、気になったのは1失点目のシーン。
1.相手の選手がセンターライン付近でドリブル、それに気づきプレスに行く俊輔。
遅れて田中達也も飛び込むが、相手は右サイドにパス。
 →なんか全体がチグハグな感じ、エアポケットみたいな?

2.右サイドでドリブル。憲剛はボランチの位置。遠藤がプレスに行くかと思ったら、
サイドのスペースを埋めにいく。
 →サイドのスペースにはバーレーンの選手はいなかったし、阿部も余ってた。
  なんでボールを持った相手にだれもプレスに行かなかった?
  そこはだれがプレスに行くつもりだったの?

3.プレスがかかってない相手選手がグラウンダーでゴール前に早いパス。
ゴール方向に戻っていた今野だが、足を出さず見送る。
 →今野・・・。足は出せなかったか?届かない距離だったか?

4.パスが通る前で内田がカットしようと一歩前に出たが、相手にパスが通る。
 →今野が止めると思っていたので、躊躇したか?
  内田は体力的に限界だったか?

5.で失点。失点直後のスローVTRだと中澤が「何やってんだ!」みたいに
叫んだが、今野に言ったように見える。
 →今野の動きが中途半端だったか?
   それとも全体に向かって叫んだか?



まぁいずれにせよ、この失点シーンは
「あれ?それまずいよ。だれか行かんと。ちょ、おい?」という感じで、
やばくなーい?と思ってたら決められてしまった。(^^;

中澤も
「(失点シーンは)前から必ず行かなきゃいけないと思う。
ああやって16番(フセイン)がフリーになって、
簡単にクロスを上げる場面があってはいけない」
と言ってたしね。


全体の連携した動きの中で、交代選手との息が合わなかったのかなぁ。
とりあえず勝ったからよかったけど。
まさか憲剛の3点目がこんなに大きな意味をもつことになるとはねぇ(^^;


さて次回は10月15日、埼玉スタジアムでのウズベキスタン戦。
次はスッキリ勝ってくれい。
がんばれ、日本代表!(^▽^)9

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

タグ : サッカー日本代表

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。