スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代引きがなくなる?

代引きが間単に利用できなくなるかもしれないってニュースがあった。


通販では一般的な代金引換サービス。
略して代引き。
届いた荷物と引き換えに宅配業者に代金を支払うものだよね。


便利な代引きなんだけど、金融庁が「代引きという仕組みは
為替の一種ではないか」としたことが問題の発端みたい。

利用者保護の観点から銀行並みの規制と監督が必要だ、
みたいなことを銀行界がいったらしく、その意見に金融庁が
のっかったようだ。


銀行としては、為替取引の手数料が入るので、万々歳。
そりゃ宅配業者やなんかは反対するよねー。



もし代引きが為替取引ってことになると、受け取りも面倒になるみたい。
まず本人じゃなきゃだめ。
10万以上の商品は身分証明書の提示が必要。

さらに、家族が受け取る場合は委任状がいる。


今まで20年以上問題なく代引きが利用されていたのに、
いまごろなんで消費者保護なんだ、みたく反対されて、
国土交通省も反対してるみたい。


結論は年明けに持ち越されたみたいだけど、
いったいどうなるんだろうねぇ(^^;

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 代引き

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。