スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMSの料金

EMSについて、昨日書こうとしたけど長くなってしまったので
2日にわけましたぁ。(^^;


で。

個人で海外から輸入する、つまり荷物を送ってもらう。
自分のような一般人では死んでも不可能なことだと
思ってたら、そうでもないってことがわかったのだ。(^ー^;


海外から荷物を送ってもらう手段。
航空郵便
EMS
SAL
船便
といろいろあるんだよねぇ。


EMSは「国際スピード郵便」のことね。


料金と到着までの時間を比較すると
EMS>航空便>SAL>船便。


EMSは世界中の郵便局が加盟する万国郵便連合ってとこで
世界共通に定められた発送方法らしく、各国の郵便局から
受け取り国の郵便局に届くって仕組み。

まぁその国によって、扱いがちょっとちがったりもするんだけど、
韓国から日本へ送ってもらうには、韓国の郵便局で荷物をあずけると
飛行機に乗って日本の郵便局まで送られる。

んで、受け取り人に手渡しで配達されるんだね。
もちろん荷物調査も各国で可能。
補償も200万までついてる。


しかもEMSは郵便物のなかで最優先で取扱してくれる。

じゃー、どのくらいの速度なのかっていうと、
EMS:2~4日
航空郵便:4~6日
SAL:1~2週間
船便:数ヶ月。

おおー、まるで宅配便のように海を越えてくるんだねー。

気になる料金だけど、これがまた高くないんだよねー。

2kgだと、2000円前後。



当初のなーんも知らんイメージだと何万もかかると思ってたけど、
数千円でおくれるんだねー。(^^)

これで安心して海外から荷物を送ってもらえるね♪

ん?
関税?

えーっと、それはまた今度調べようかなぁ(^▽^;

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : EMS

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。