スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランパス、北京国安と引き分け(後半)

ACLアジアチャンピオンズリーグ、
グループリーグE組。


我らが名古屋グランパスの2戦目は北京国安。

前半は0-0のまま終了。
後半はゴールシーン頼むぜ!!


さて後半開始。

グランパスは後半開始から吉村に代えてマギヌンを投入。
あれ?ボランチはどーするんだ?
どうも小川がボランチにポジションチェンジの模様。

しかし攻撃面がイマイチ。
サイドが起点にならず、しかも後からの押し上げもすくない。
サイドバックの追い越しもなっしんぐ。

うーむ。
こまったね。
もっと中から外、外から中と細かくつないで後ろから押し上げたい。


後半も10分すぎてだいぶいい攻撃ができるようになってきた。

右SBの田中隼磨の追い越しも随所に見られるようになったし
小川がボランチに下がったことで、後ろから出てくる人が
増えた。


21分過ぎ。
ダビィのシュートは玉田にあたりドライブがかかって、
わずかにゴールバーの上!

おしかったーー。




26分過ぎ。
小川が左の額から出血。
ピッチの外で治療に。


29分。
玉田に代わって中村直志がIN。



41分。
吉田の横パスは全然ちがう方向へ、
ボールをカットされシュート!

ポスト直撃!
跳ね返りをなんとかクリアしてセーフ!
ぐわー、やばかったーー!



ロスタイム。

ゴール正面でのFK。
ダビィ!
バーの上ーー。


ここで試合終了~。
0-0のスコアレスドロー。

うーむ。
E組首位は守ったものの、なんとも消化不足の試合だった。


次戦のACLアジアチャンピオンズリーグは4月7日、ホーム瑞穂にて
ニューカッスル(オーストラリア)と対戦。

つぎはすっきり勝ってくれ!
がんばれ名古屋グランパス!(^▽^)9

テーマ : 名古屋グランパス - ジャンル : スポーツ

タグ : 名古屋グランパス ACL

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。