スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける少女を見た

時をかける少女をテレビで放映してので、見た。



最初はみるつもりはなかったけど、
テレビから「日本アニメ界の才能が集結し・・・」とか言っていたので、
じゃーいっちょ見てみるか、と思って見始めた。


したら、


激オモローじゃん!(゚ロ゚屮)屮


どうなるんだろうって、ハラハラしながら最後まで見てしまった。



前半は、タイムリープっていいなぁって。
後半は、「ああー、どうするの?どうするの?」「功介がっ!うそっ!」
「あー、使っちゃったよ」ってドキドキしっぱなし(^▽^;




これ、2006年に映画で公開してたのね。
知らなかったー。
こんなにおもしろいなら、劇場で見るんだったなー!(^◇^;


ブルーレイ版も発売になるみたいだし、DVDが欲しくなった、マジで。(・・;


はてさて、魔女おばさん(芳山和子)の
「タイムリープはよくあることよ」って言って、
真琴と同じようにタイムリープした過去の(未来の)人を
追い続けていることにもビックリしたけど、

やっぱ一番おどろいたのはあれでしょ。



千昭がケータイで、

「おまえ、タイムリープしてね?」って真琴に言ったとき。



で、明らかになる真実。
そして、真琴も魔女おばさんと同じ運命をたどることに・・・。

でも、どーやって未来に走ってくんだろ?(^^;
そういう気持ちを持ち続けるってことだろーか?(^^;



時をかけるタイムリープは、すんごいうらやましいけど、
結局なんどやり直しても、未来で起こることは変えられないのかねぇ。
とも感じた。(´・ω・`) ショボン




真琴がタイムリープできるようになったきっかけの理科準備室。
で、その理科室の黒板に書いてあった、


「Time waits for no one」
          ↑( ゚Д゚) ハァ?



日本語訳は、「時間は誰も待ってくれない」。



時間はどんどん進んでくから、ボケッとしてたら後悔するよ。


映画の内容からして、こんなカンジの解釈でヨシ?
と思ってるのはおれだけかなぁ。(^ー^;

テーマ : 今日見たテレビ番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : 時をかける少女

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。